【宅建】登録実務講習の難易度や合格率は?スケジュールなども公開!

2021年12月9日宅建

【宅建】登録実務講習の難易度や合格率は?スケジュールなども公開!

この記事のオススメ読者

①「登録実務講習」について概要を知りたいとお考えの方。

②「登録実務講習」の流れや難易度、合格率や受講料が安い実施機関を知りたい方。

③「登録実務講習」を受講し、取引士証の交付を受けたいとお考えの方。

ベビゾウ
宅建の「登録実務講習」って受けないといけないの?

リノゾウ
実務経験が2年未満で、宅建士として活動したい方は、受ける必要があるよ!
今日は、宅建の「登録実務講習」について説明するね!

こんにちは、リノゾウです。

宅建の「登録実務講習」ってスケジュールや難易度はどれくらいなの、と疑問をお持ちの方も多いかと思います。

そこで本記事では、宅建の「登録実務講習」の概要をご紹介したいと思います!

本記事は、4部構成で話を進めています。

それでは早速、本編に移っていきます。

➊「登録実務講習」の概要

➊「登録実務講習」の概要

引用元:(公財) 不動産流通推進センター

はじめに、宅建の「登録実務講習」について簡単にご説明します。

結論から述べると、「登録実務講習」とは、宅建士の資格登録を行うために必要な講習です。

「登録実務講習」を修了することで、宅地建物取引に関する「2年以上の実務経験を有する者と同等以上の能力を有する者」と認められます。

実務経験が2年に満たない方は、国土交通大臣の登録を受けた講習機関にて、講習を受ける必要があります。

上図は、宅建士試験合格から取引士証交付までの流れを示しています。

そして、大枠の流れは次の通りです。

【取引士証交付の大枠の流れ】

①試験合格→②資格登録→③取引士証交付

つまり、宅建士証の交付を受けるためには、宅建士試験に合格するだけでなく、資格登録を受ける必要があります。

この資格登録に必要な講習が、「登録実務講習」です。

➋「登録実務講習」の実施機関の比較

続いて、「登録実務講習」の実施機関をご紹介します。

この記事では、国土交通省の登録実務講習実施機関一覧を参考に、受講料の目安や受講会場の例を比較しています。

機関の名称受講料の目安受講会場の例
クオリティオフィス9,800円福岡、熊本、鹿児島、広島、岡山
一般社団法人 TAKKYO11,000円東京、愛知、大阪、福岡
株式会社 プライシングジャパン12,100円東京
株式会社 九州不動産専門学院13,200円福岡
株式会社 Kenビジネススクール13,200円東京、愛知、大阪、広島、沖縄
株式会社 日本ビジネス法研究所(日本宅建学院)17,000円全国11都道府県
株式会社 SAサービス17,800円東京
一般財団法人 ハートステーション18,000円神奈川
TOP宅建学院 一般社団法人 日本就職支援協会18,000円東京、神奈川
株式会社 新潟県宅建サポートセンター19,800円新潟
一般社団法人 職能研修会20,000円東京、神奈川
株式会社 Social Bridge20,000円大阪
株式会社 総合資格20,500円全国47都道府県
株式会社 日建学院22,000円全国47都道府県
株式会社 東京リーガルマインド22,000円全国18都道府県
TAC 株式会社22,000円全国26都道府県
株式会社 おおうら(自習室うめだ)22,000円東京、愛知、大阪
宅建ダイナマイト合格スクール 株式会社30,000円東京

※最新情報は各実施機関へご確認願います。

上表から、受講料の目安金額が最も安い機関は、「クオリティオフィス」であることが読み取れます。

また、東京や大阪で受講可能な機関ですと、「一般社団法人 TAKKYO」がお値打ちであることが分かります。

受講会場は、「株式会社 総合資格」や「株式会社 日建学院」が多いようです。

実施機関は、「予算」や「アクセス」など、ご自身のニーズに合わせて選択されると良いかと思います。

以上、簡単ではありますが「登録実務講習」の実施機関をご紹介しました。

➌「登録実務講習」の流れ

➌「登録実務講習」の流れ

引用元:(公財) 不動産流通推進センター

次に、「登録実務講習」の流れについてご説明します。

大きな流れは、次の通りです。

【登録実務講習の大枠の流れ】

①通信講座→②演習→③修了試験

順番に各流れをご説明します。

①通信講座

「登録実務講習」の通信講座を受けるにあたり、実施機関へ申し込みを行います。

講習の申し込みは、インターネットでも行えます。

申し込みを行うと、ご自宅にテキストが届きます。

このテキストにそって、約1か月間はご自宅で学習を行います。

②演習(スクリーニング)

②演習(スクリーニング)

ご自宅での学習を終えた後、演習及び修了試験を受講します。

この講習は主に2日間行われます。

参考までに、LEC 東京リーガルマインドの日程を次に示します。

【参考日程】

▼2日間クラス

1日目 9:40~18:00

2日目 9:40~18:10(修了試験17:10~18:10)

 

▼1日クラス

1日目 7:30~22:25(修了試験21:25~22:25)

12時間の講義が行われた後、1時間の修了試験を受講します。

LEC 東京リーガルマインドでは1日クラスもあるようです。

③修了試験

演習を終えた後、修了試験を受講します。

参考までに、LEC 東京リーガルマインドの修了試験の概要を次に示します。

【修了試験の概要】

試験時間:1時間

問題数 :〇×式20問、記述式20問

修了要件:〇×式、記述式を各8割以上の正解

修了試験では、演習で使用したテキストを持ち込むことが可能です。

修了試験に合格すると修了証を発行してもらえます。

修了証の受領をもって、「登録実務講習」は修了です。

以上、「登録実務講習」の流れを簡単にご説明しました。

➍「登録実務講習」の修了試験の難易度

➍「登録実務講習」の修了試験の難易度

引用元:LEC 東京リーガルマインド

次に、「登録実務講習」の修了試験の難易度についてご説明します。

結論から述べると、修了試験の難易度は、高くはないようです。

上図は、LEC 東京リーガルマインドのホームページに掲載されている「よくある質問」を引用しています。

同社の修了試験の合格率は、例年99%以上のようです。

高確率で合格したい方は、LEC 東京リーガルマインドをご検討してみてはいかがでしょうか?

➎まとめ

ここまで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。

最後に、この記事の内容をまとめたいと思います。

 

この記事のまとめ 「登録実務講習」とは、宅建士の資格登録を行うために必要な講習のことです。

 「登録実務講習」を修了することで、宅地建物取引に関する「2年以上の実務経験を有する者と同等以上の能力を有する者」と認められます。

 「登録実務講習」の実施機関は、「予算」や「アクセス」など、ご自身のニーズに合わせて選択されると良いかと思います。

 「登録実務講習」の大枠の流れは、「①通信講座→②演習→③修了試験」です。

 「登録実務講習」のLEC 東京リーガルマインドの合格率は、例年99%以上のようです。

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。

2021年12月9日宅建