最新【土地 相場推移】首都圏編 リーマンショックからコロナショック後まで

2020年4月9日2020年, 統計調査, 首都圏

最新【土地 相場推移】首都圏編 リーマンショックからコロナショック後まで
この記事のオススメ読者

①1都3県において、土地価格相場の現状を確認したい方

②新型コロナウイルス感染拡大にともなう、土地の相場推移を検討したい方

リーマンショックから現在までの首都圏内の1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)を合算した下記統計を作成しました。

・土地 相場推移表
・土地 相場推移グラフ
 
新型コロナウイルスの感染拡大にともなう、土地価格の推移を検討したい方、現状の土地価格を確認したい方など、幅広い方々にご覧いただければと思います。

また、下の記事にて、1都3県ごとの土地の相場推移も作成しております。ぜひご活用ください。

→東京都の土地相場推移
→神奈川県の土地相場推移
→埼玉県の土地相場推移
→千葉県の土地相場推移

土地 相場推移表|首都圏

年/月価格
変動率
㎡単価
(万円/㎡)
物件数
2008/080.0%21.38269
2008/09-3.9%20.55305
2008/10-2.8%20.78305
2008/113.3%22.08289
2008/12-0.4%21.29294
2009/013.6%22.15282
2009/020.4%21.47349
2009/03-2.4%20.87445
2009/04-6.5%19.98380
2009/05-7.6%19.75435
2009/06-4.7%20.38491
2009/07-1.4%21.09421
2009/08-1.0%21.16373
2009/09-2.2%20.91453
2009/10-3.4%20.65395
2009/113.0%22.03455
2009/121.6%21.72345
2010/010.7%21.52331
2010/02-5.2%20.26424
2010/03-6.5%19.99489
2010/041.9%21.79431
2010/05-1.4%21.07479
2010/06-5.5%20.21444
2010/07-5.6%20.18469
2010/08-8.9%19.47342
2010/09-9.3%19.39425
2010/10-5.8%20.15409
2010/11-5.0%20.32375
2010/12-7.8%19.72331
2011/01-4.8%20.36330
2011/020.0%21.38411
2011/03-2.7%20.80413
2011/04-6.6%19.97356
2011/05-10.5%19.13426
2011/06-9.2%19.41473
2011/07-4.8%20.36448
2011/08-12.0%18.81386
2011/09-11.8%18.85450
2011/10-1.0%21.16425
2011/11-1.2%21.13394
2011/12-12.0%18.81408
2012/01-5.6%20.18348
2012/02-8.5%19.57490
2012/03-5.8%20.14538
2012/04-12.4%18.72398
2012/05-3.9%20.54442
2012/06-9.0%19.46476
2012/07-10.3%19.18495
2012/08-12.3%18.75387
2012/09-10.8%19.07475
2012/10-9.6%19.32549
2012/11-12.7%18.66428
2012/12-5.2%20.26425
2013/01-3.5%20.64325
2013/02-8.9%19.48433
2013/03-5.6%20.19642
2013/04-4.7%20.37492
2013/05-6.4%20.01488
2013/06-4.1%20.51531
2013/07-9.9%19.26482
2013/08-13.6%18.47362
2013/09-6.6%19.97548
2013/10-13.6%18.47396
2013/11-10.7%19.10390
2013/12-2.2%20.91372
2014/01-10.3%19.18312
2014/02-7.3%19.82389
2014/03-7.8%19.71544
2014/04-9.1%19.44408
2014/05-8.9%19.48387
2014/06-7.8%19.71458
2014/07-9.8%19.28446
2014/08-5.9%20.11389
2014/09-8.5%19.56441
2014/10-12.5%18.71394
2014/11-11.2%18.99395
2014/12-11.8%18.85357
2015/01-15.4%18.09300
2015/02-13.9%18.40405
2015/03-9.0%19.46503
2015/04-9.0%19.45431
2015/05-8.2%19.62549
2015/06-9.1%19.43550
2015/07-10.0%19.24518
2015/08-8.6%19.54433
2015/09-9.3%19.39466
2015/10-9.1%19.44532
2015/11-15.8%18.00558
2015/12-14.1%18.37416
2016/01-14.5%18.28412
2016/02-5.8%20.13559
2016/03-4.7%20.37551
2016/04-15.3%18.10537
2016/05-5.6%20.19540
2016/06-13.6%18.48506
2016/07-5.2%20.27584
2016/08-18.1%17.51446
2016/09-4.4%20.43551
2016/10-8.7%19.53514
2016/11-16.7%17.82458
2016/12-8.7%19.53490
2017/01-4.1%20.50410
2017/02-11.8%18.85476
2017/03-7.9%19.69600
2017/04-11.6%18.91496
2017/05-6.9%19.90501
2017/06-5.8%20.15585
2017/07-11.8%18.86528
2017/08-0.5%21.27387
2017/09-4.8%20.36527
2017/10-11.4%18.94487
2017/11-5.9%20.12444
2017/12-14.2%18.35491
2018/01-8.8%19.50340
2018/02-6.7%19.95482
2018/03-1.2%21.12580
2018/04-10.8%19.08538
2018/05-6.5%19.99485
2018/06-3.8%20.56578
2018/07-11.0%19.03530
2018/081.3%21.65387
2018/09-1.4%21.07542
2018/10-11.3%18.96499
2018/11-12.6%18.68523
2018/12-5.5%20.20478
2019/01-5.2%20.26385
2019/02-0.7%21.22522
2019/03-3.6%20.61695
2019/04-4.3%20.47473
2019/05-7.4%19.79432
2019/06-4.8%20.36520
2019/07-13.0%18.59502
2019/08-8.0%19.68399
2019/09-9.0%19.46549
2019/10-6.5%19.98445
2019/11-7.2%19.83470
2019/12-11.6%18.89435
2020/01-2.6%20.83360
2020/02-5.2%20.26495
2020/03-12.9%18.63612
2020/04-18.9%17.34340
平均
㎡単価
(万円/㎡)
19.84

※上表の相場変動率は下記基準によります。
2008年8月(リーマンブラザーズ経営破綻の前月)

土地 相場推移グラフ|首都圏

データ考察

土地 相場推移表から、2008年8月から現在まで、1都3県の土地価格相場の平均㎡単価は19.84万円/㎡であることが分かります。坪単価の場合は、65.57万円/坪です。

次に、相場変動率をみることで、リーマンショックを基準にした、土地の相場の上昇率や下落率をランキングしたいと思います。

【相場上昇率ベスト3】
1位:2009年01月 +3.6%
2位:2008年11月 +3.3%
3位:2009年11月 +3.0%

土地の相場は、2009年1月が最も高い水準にあったことが読み取れます。

【相場下落率ベスト3】
1位:2020年04月 -18.9%
2位:2016年08月 -18.1%
3位:2016年11月 -16.7%

緊急事態宣言の当月の下落率が最大であることが分かります。

また、成約物件数をみることで、統計的に成約物件数が多い月、少ない月をランキングしたいと思います。

【成約物件数が多い月ベスト3】
1位:2019年03月
2位:2013年03月
3位:2020年03月

【成約物件数が少ない月ベスト3】
1位:2008年08月
2位:2009年01月
3位:2008年11月

成約物件数は、1都3県では3月が多く、8月が少ないことが読み取れます。

この記事のまとめ

①首都圏の土地の相場は、2009年1月が最も高い水準にあった。

②首都圏の土地の相場の下落率は、緊急事態宣言の当月が最大。

③首都圏の土地の成約数は、3月が多く、8月が少ない。

この記事は、今後の不動産相場を占う上で、リーマンショックから現在までの相場推移を分析することが、何かの役に立つのではないかと考え作成しています。

新型コロナウイルスの感染拡大が、今後、不動産相場にどう影響するか、予測することはとても難しいです。

ただ、売る、売らないは別として、現状の不動産価格を把握することは、今後の相場を占う上でも大切ではないでしょうか?

ドウスル株式会社が運営する一括査定サービスは、売却しづらい不動産にも着目し、複数の不動産会社に一括で査定依頼をできる仕組みになっています。

査定は無料ですので、お時間ございましたら、ぜひご活用ください。

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。

【参考データ】
東日本不動産流通機構
「レインズデータライブラリー」

2020年4月9日2020年, 統計調査, 首都圏