市区町村別【賃貸需要レポート】東京都編 2020年

2020年3月11日2020年, 東京都, 統計調査

市区町村別【賃貸需要レポート】東京都編 2020年のアイキャッチ画像

東京都の「市区町村別 賃貸需要レポート」を作成しました。
賃貸需要をレポートするにあたり、下記2つの統計データを参照しています。
【参照した統計データ】
①、賃貸物件数
②、賃貸割合

【賃貸需要ランキング】 の記事において、①が多い地域は賃貸需要も高いのではないか、という仮説のもと『賃貸需要=賃貸物件数』と単純化して賃貸需要ランキングを作成しています。

また、【市区町村別 賃貸vs持ち家 割合比較レポート】の記事内で、②を算出し、賃貸と持ち家の割合を比較しています。

本記事では、①と②の統計を組み合わせて分析することで、『賃貸需要が高い=「賃貸物件数が多い」かつ「賃貸割合が高い」』と定義して、賃貸需要レポートを作成しています。

この記事のオススメ読者

①東京都で不動産投資物件を探している方

②東京都で賃貸需要が高い地域を探している方

賃貸物件数ランキング表|市区町村別

順位市区町村物件数偏差値
1世田谷区214,94079.63
2大田区174,43071.85
3練馬区166,27070.29
4杉並区156,84068.47
5江戸川区153,03067.74
6足立区151,89067.52
7板橋区135,63064.40
8江東区117,18060.86
9新宿区105,37058.59
10中野区103,61058.25
11八王子市103,14058.16
12品川区98,49057.27
13北区95,29056.65
14葛飾区84,14054.51
15豊島区83,93054.47
16町田市78,65053.45
17目黒区64,38050.71
18墨田区61,73050.20
19渋谷区61,22050.11
20文京区58,67049.62
21港区56,40049.18
22調布市54,84048.88
23府中市50,27048.00
24台東区43,37046.68
25中央区42,56046.52
26三鷹市42,15046.44
27荒川区39,37045.91
28立川市39,20045.88
29西東京市38,28045.70
30日野市36,63045.38
31小平市36,26045.31
32武蔵野市35,74045.21
33多摩市30,73044.25
34小金井市29,39043.99
35国分寺市28,90043.90
36東村山市25,84043.31
37昭島市21,55042.49
38東久留米市19,10042.02
39狛江市19,03042.00
40国立市18,42041.89
41清瀬市16,47041.51
42千代田区14,88041.21
43稲城市14,53041.14
44青梅市13,91041.02
45東大和市13,21040.88
46福生市12,93040.83
47武蔵村山市10,11040.29
48羽村市9,88040.24
49あきる野市6,83039.66
50瑞穂町3,79039.08
51日の出町53038.45
合計3,093,930

※上表は、「統計でみる市区町村のすがた 2019」をもとに作成しています。

賃貸物件数マップ|市区町村別

東京都の賃貸需要マップ2020年

賃貸割合ランキング表|市区町村別

順位市区町村賃貸割合偏差値
1中野区61.65%64.10
2新宿区60.00%62.37
3北区58.42%60.72
4杉並区57.74%60.01
5中央区57.61%59.87
6千代田区56.75%58.97
7豊島区55.92%58.11
8渋谷区55.77%57.94
9小金井市54.71%56.84
10港区54.51%56.63
11国立市54.41%56.52
12板橋区54.36%56.47
13武蔵野市54.33%56.44
14江戸川区53.43%55.49
15墨田区53.37%55.43
16世田谷区53.25%55.30
17文京区53.14%55.20
18調布市53.01%55.05
19大田区52.97%55.01
20三鷹市52.72%54.75
21立川市52.62%54.65
22品川区52.43%54.45
23狛江市52.15%54.15
24練馬区52.08%54.08
25福生市51.94%53.94
26江東区51.87%53.86
27目黒区51.36%53.33
28清瀬市50.67%52.61
29足立区50.61%52.54
30国分寺市49.20%51.07
31日野市47.48%49.27
32多摩市47.23%49.00
33小平市46.84%48.59
34台東区46.59%48.34
35昭島市46.52%48.26
36府中市46.24%47.96
37西東京市46.05%47.77
38葛飾区44.17%45.79
39羽村市42.78%44.35
40八王子市42.64%44.20
41町田市42.3%43.84
42荒川区42.21%43.75
43稲城市41.95%43.48
44東村山市40.99%42.47
45東久留米市40.42%41.87
46東大和市38.89%40.27
47武蔵村山市38.35%39.70
48瑞穂町30.88%31.89
49青梅市28.65%29.54
50あきる野市23.42%24.07
51日の出町9.67%9.67

※上表は、「統計でみる市区町村のすがた 2019」をもとに作成しています。

賃貸割合マップ|市区町村別

東京都の賃貸割合マップ2020年

重ね合わせマップ(偏差値50以上)|市区町村別

東京都の賃貸物件数と賃貸割合を重ね合わせたマップ2020年

賃貸需要 散布図|市区町村別

データ考察

 賃貸物件数マップと賃貸割合マップを組み合わせた、重ね合わせマップから、賃貸物件数及び賃貸割合がともに偏差値50を超える市区町村は、「杉並区、世田谷区、大田区、練馬区、板橋区、足立区、江戸川区、江東区、中野区、新宿区、北区、渋谷区、目黒区、豊島区、墨田区、品川区」の16区であることが分かります。賃貸需要 散布図では、赤点線囲み部分が上記の16区を示しています。
 また、賃貸需要 散布図から「杉並区」が唯一、賃貸物件数及び賃貸割合がともに偏差値60を超えていることが分かります。「中野区、新宿区、北区」は、賃貸物件数が偏差値55を超えており、賃貸割合も偏差値60を超えているため、賃貸物件数が平均よりも多く、かつ持ち家居住の方に対して、賃貸居住の方がの割合が高い地域であることが読み取れます。「世田谷区、大田区、練馬区」は、賃貸物件数が偏差値70を超えているため、平均よりも非常に物件数が多い地域であることが分かります。

2020年3月11日2020年, 東京都, 統計調査