オーナーズブックの【評判、口コミ】を検証!投資家申請の手順も公開!

コラム

オーナーズブックの【評判、口コミ】を検証!投資家申請の手順も公開!

この記事のオススメ読者

①クラウドファンディングやソーシャルレンディングなどにご興味がある方。

②不労所得や副業、将来の年金対策として、少額からの不動産投資をご検討中の方。

③オーナーズブックの評判や口コミについて、検証したいとお考えの方。

ベビゾウ
オーナーズブックって実際どうなの?

リノゾウ
運営元の親会社が、東証マザーズに上場しているよね?
一応、評判や口コミを調べてみたら?

ベビゾウ
それもそうだね!
まずはサービスについて、調べてみるね!

こんにちは、ベビゾウです。

少額からの不動産投資に興味があったので、インターネットでいろいろと調べていました。

利回り不動産では、8号ファンドに申し込みをしてみましたが、当たるかどうか分かりません。

そんな時にみつけたのが、オーナーズブックです。

本記事では、オーナーズブックの【評判、口コミ】を検証したいと思います。

この記事は、8部構成で話を進めています。

それでは早速、本編に移っていきます。

目次

➊オーナーズブックとは?

オーナーズブックとは?

引用元:オーナーズブック

サービス名オーナーズブック
最低投資金額1万円から
運用期間(※)10ヶ月から31ヶ月
予定利回り(※)4.0%から5.6%
運用物件マンション
レジデンス
オフィス
その他
運営元会社ロードスターインベストメンツ株式会社
親会社は東証マザーズ上場企業

※数値は後述の案件分析による

オーナーズブックとは、ロードスターインベストメンツ株式会社が運営する、不動産特化型のクラウドファンディングサービスです。

投資家の方は、オーナーズブックを介することで、1口1万円から不動産投資が可能です。

結論から述べると、オーナーズブックは、次のような方に向いています。

 少額で不動産投資を始めてみたいとお考えの方。
 インターネット経由で手続きを簡単に進めたいとお考えの方。
 賃貸管理などの運用手間をかけたくないとお考えの方。

オーナーズブックの仕組み

オーナーズブックの仕組み

引用元:オーナーズブック

オーナーズブックは、「案件応募」→「個別案件に投資実行」→「配当・リターン・返済等」という流れで進んでいきます。

オーナーズブックの仕組みは、かみ砕いて言うと、複数の投資家の方から、オーナーズブックを通じて、特定の不動産に対する資金を募り、募った資金を企業に貸したり、出資したりすることで、配当や利子を投資家の方へ還元するようになっています。

オーナーズブックには、主に5つの立場の方が関わります。

 

5つの立場①:投資家の方

②:第二種金融商品取引業者

③:貸金業者

④:不動産の評価業者

⑤:資金需要者

順番に、簡潔にご説明します。

①:投資家の方

「投資家の方」とは、オーナーズブックを介して、特定の不動産に対し、投資を行う立場の方です。

②:第二種金融商品取引業者

「第二種金融商品取引業者」とは、第二種金融商品取引業の認可にもとづき、オーナーズブックを通じて、「投資家の方」からの投資資金を適切に管理したり、投資案件の募集業務などを行ったりする立場の業者です。

この役割は、オーナーズブックの運営会社である、ロードスターインベストメンツ株式会社が担っています。

同社は、ロードスターキャピタル株式会社の100%子会社です。

③:貸金業者

「貸金業者」とは、貸金業の認可にもとづき、オーナーズブックにおいて、「資金需要者」に対し、貸付実行や債権管理などを行う立場の業者です。

この役割は、ロードスターファンディング株式会社が担っています。

同社は、ロードスターキャピタル株式会社の100%子会社です。

④:不動産の評価業者

「不動産の評価業者」とは、オーナーズブックにおいて、担保や投資対象となる不動産の評価などを行う立場の業者です。

この役割は、ロードスターキャピタル株式会社が担っています。

同社は、東証マザーズに上場しています。

同社は、ロードスターインベストメンツ株式会社とロードスターファンディング株式会社の親会社です。

⑤:資金需要者

「資金需要者」とは、オーナーズブックを介して、資金を借りたり、出資を受けたりしたい立場の方です。

大雑把なイメージとしましては、「①:投資家の方」と「⑤:資金需要者」の間に、「②③④=オーナーズブック」が入るイメージです。

オーナーズブックは、「①:投資家の方」と「⑤:資金需要者」の間に入ることで、1口1万円からの少額資金で、特定の不動産へ直接投資できる機会を提供しています。

以上、オーナーズブックの概要についてご説明しました。

➋オーナーズブックの運用タイプ

オーナーズブックの運用タイプ

引用元:オーナーズブック

次に、オーナーズブックの運用タイプについて、ご説明します。

2021年9月時点で、オーナーズブックの運用タイプには、次の2つがあります。

 

運用タイプ①貸付型(ソーシャルレンディング)

②エクイティ型

各タイプについて、順番にご説明します。

貸付型(ソーシャルレンディング)

貸付型(ソーシャルレンディング)

引用元:オーナーズブック

はじめに、貸付型(ソーシャルレンディング)についてご説明します。

貸付型(ソーシャルレンディング)は、複数の「投資家の方」が、オーナーズブックを通じて、不動産を担保としたローンへ出資し、利息及び元本を受け取る運用方法です。

このようなサービスは、別名「ソーシャルレンディング」とよばれています。

「ソーシャルレンディング」とは、インターネットを通じて、「資金を貸したい方」と「資金を借りたい方」を仲介するサービスです。

つまり、オーナーズブックは、不動産に特化した「ソーシャルレンディング」を提供しています。

オーナーズブックが提供する、「ソーシャルレンディング」には、次の2種類があります。

シニアローン

「シニアローン」とは、銀行融資など、他の債権よりも優先的に弁済されやすいローンのことです。

メザニンローン

「メザニンローン」とは、「シニアローン」などの他の債権に比べて、返済順位が劣るローンのことです。

万が一、トラブルが生じた場合、「シニアローン」の方が、「メザニンローン」よりも優先的に返済されます。

貸付型(ソーシャルレンディング)の運用実績

下表に、2021年9月6日時点での貸付型(ソーシャルレンディング)の運用実績を示します。

累計投資額24,042,050,000円
投資実行済案件数208件
償還済案件数181件
元本割れ件数0件

2021年9月6日時点で、208件中181件が償還を完了しており、181件については元本割れしていないことが分かります。

以上、貸付型(ソーシャルレンディング)の運用タイプについて、簡単にご説明しました。

直近の詳細を知りたい方は、下記の公式サイトよりご確認願います。

エクイティ型

エクイティ型

引用元:オーナーズブック

続いて、エクイティ型についてご説明します。

エクイティ型は、複数の「投資家の方」が、オーナーズブックを経由して、不動産信託受益権や出資持分等を取得し、配当を受け取る運用方法です。

エクイティ型では、不動産の賃料収入や売却益が、配当の原資となります。

そのため、「購入額<売却額」であれば、売却益の分、配当が増えます。

一方で、「購入額>売却額」となれば、元本が一部、もしくは全額毀損するおそれがあります。

つまり、エクイティ型への投資は、貸付型(ソーシャルレンディング)への投資よりも変動が大きくなる可能性があります。

エクイティ型の運用実績

下表に、2021年9月6日時点でのエクイティ型の運用実績を示します。

累計投資額523,400,000円
投資実行済案件数2件
償還済案件数0件
元本割れ件数0件

2021年9月6日時点での、エクイティ型の案件数は2件のみです。

オーナーズブックにおいて、エクイティ型の案件数は、貸付型(ソーシャルレンディング)に比べると多くないことが分かります。

以上、エクイティ型の運用タイプについて、簡単にご説明しました。

各運用タイプについて、さらに詳細を知りたい方は、下記の公式サイトよりご確認願います。

➌オーナーズブックのメリット

➋オーナーズブックのメリット

次に、オーナーズブックの主なメリットについて、6つご紹介します。

 

メリット①:少額投資
→1万円から手軽に不動産投資が可能です。

②:オンライン化により投資家費用負担軽減
→会員登録・投資実行時の手数料、年会費無料です。

③:投資の手間がかからない
→株や投信のような値動きはなく、原則、定期的に配当があります。

④:幅広い投資家層
→30-40代を中心に20-70代までの幅広い投資家層がおり、首都圏を中心に全国に投資家がいます。

⑤:全案件不動産担保付き(貸付型)
→自社の評価+外部評価の実施、不動産のプロによる案件厳選(金利2.5-5%程度)を行っています。

⑥:プロの投資領域への参加(エクイティ型)
→個人が参加できなかった不動産投資領域の開放(IRR 4-10%程度)を行っています。

オーナーズブックでは、1口1万円からの少額資金で、特定の不動産へ直接投資できる機会を提供しています。

不動産投資をご検討中の方は、オーナーズブックを検討してみてはいかがでしょうか?

➍オーナーズブックのデメリット

続いて、オーナーズブックの主なデメリットについて、6つご紹介します。

 

デメリット①:元本に関するリスク
→各案件は、元本が保証されているものではありません。

②:資金需要者の倒産などのリスク
→資金需要者が、破産手続きなどを開始した場合、利益配当や出資金の返還に支障が生じるおそれがあります。

③:営業者の債務不履行などのリスク
→オーナーズブックの運営元が、債務不履行などに陥った場合、利益配当や出資金の返還に支障が生じるおそれがあります。

④:担保に関するリスク
→不動産の担保価値が下落した場合、利益配当や出資金の返還に支障が生じるおそれがあります。

⑤:流動性に関するリスク
→原則として、投資実行後の途中解約などは行えません。

⑥:利回りに関するリスク
→予定利回りは、保証されているものではありません。

こうしたデメリットに対し、オーナーズブックでは、リスク低減を図るために、次のことを行っています。

 不動産のプロ集団による案件の目利きを行っています。
 貸付型(ソーシャルレンディング)案件は、全案件不動産担保付きです。
 担保不動産は社内と外部のダブルチェック体制です。
 LTV(担保掛目)は一定基準内です。
 オーナーズブック評価額は、一部案件で精度を確認しています。

さらに詳細につきましては、下記の公式サイトをご確認ください。

➎オーナーズブックの案件分析

次に、オーナーズブックの案件分析を行いたいと思います。

分析対象は、2021年3月1日から2021年8月31日までの期間で、案件募集が行われた物件です。

案件分析表

案件の分析を行う上で、各項目に分けて、表の作成を行いました。

「運用タイプ」などの一覧表

案件名運用タイプ募集方式予定利回り予定運用期間募集開始日
柏市商業素地
第1号第1回
貸付
(シニアローン)
株主優待
先着方式
5.6%25ヶ月08/30
品川区マンション素地
第2号第1回
貸付
(シニアローン)
株主優待
先着方式
4.6%17ヶ月08/20
中央区オフィス
第2号第1回
貸付
(シニアローン)
抽選方式5.1%29ヶ月08/12
荒川区マンション
第1号第1回
貸付
(シニアローン)
抽選方式4.8%25ヶ月07/16
千代田区オフィス素地
第1号第1回
貸付
(シニアローン)
株主優待
先着方式
4.6%31ヶ月06/29
港区新築マンション
第7号第1回
貸付
(シニアローン)
抽選方式4.6%25ヶ月06/25
世田谷区新築マンション
第3号第1回
貸付
(シニアローン)
株主優待
先着方式
4.0%26ヶ月05/26
板橋区マンション素地
第1号第1回
貸付
(シニアローン)
株主優待
先着方式
4.6%10ヶ月05/24
板橋区レジデンス
第1号第1回
貸付
(シニアローン)
抽選方式5.1%31ヶ月05/19
横浜市港北区マンション
第1号第1回
貸付
(シニアローン)
株主優待
先着方式
4.6%25ヶ月05/12
大田区レジデンス用地
第2号第1回
貸付
(シニアローン)
株主優待
先着方式
4.1%19ヶ月04/19
港区マンション
第5号第1回
貸付
(シニアローン)
先着方式5.1%25ヶ月03/23
港区マンション
第6号第1回
貸付
(シニアローン)
先着方式5.1%25ヶ月03/23
台東区レジデンス
第1号第1回
貸付
(シニアローン)
先着方式5.1%25ヶ月03/23
4.7%24ヶ月

上表は、「運用タイプ・募集方式・予定利回り・予定運用期間・募集開始日」の一覧表です。

「募集総額」などの一覧表

案件名申込総額
(募集総額)
申込人数1人当たりの投資額
柏市商業素地
第1号第1回
850,000,0001,760482,955
品川区マンション素地
第2号第1回
500,000,0001,008496,032
中央区オフィス
第2号第1回
475,650,000
(83,000,000)
2,093227,258
荒川区マンション
第1号第1回
730,140,000
(168,000,000)
1,994366,169
千代田区オフィス素地
第1号第1回
209,000,000388538,660
港区新築マンション
第7号第1回
803,390,000
(245,000,000)
1,980405,753
世田谷区新築マンション
第3号第1回
217,000,000638340,125
板橋区マンション素地
第1号第1回
418,000,000852490,610
板橋区レジデンス
第1号第1回
534,450,000
(88,000,000)
1,840290,462
横浜市港北区マンション
第1号第1回
620,000,0001,117555,058
大田区レジデンス用地
第2号第1回
50,000,000138362,319
港区マンション
第5号第1回
99,000,000251394,422
港区マンション
第6号第1回
61,000,000185329,730
台東区レジデンス
第1号第1回
40,000,000120333,333
400,545,0001,026400,920

上表は、「申込総額・申込人数・1人当たりの投資額」の一覧表です。

案件分析のまとめ

2つの表から、次のことが読み取れます。

 

案件分析のまとめ 案件の用途は、住居系が、14物件中11件と約78%を占めています。

 案件の立地は、東京都23区内が、14物件中12件と約85%を占めています。

 運用タイプは、全て貸付型のシニアローンです。

 抽選方式は、14物件中4件のみであり、約70%以上が先着方式です。

 予定利回りは、4.0%から5.6%です。

 予定利回りの平均は、4.7%です。

  予定運用期間は、10ヶ月から31ヶ月です。

 予定運用期間の平均は、24ヶ月です。

 募集総額の平均は、約4億円です。

 抽選方式では、募集総額に対し、申込総額は、327%から607%の資金が集まっています。

 申込人数の平均は、1,026人です。

 1人当たりの投資額の平均は、40万920円です。

以上、2021年3月1日から2021年8月31日までの募集案件について、分析を行いました。

登録は無料で行えますので、ご自身の運用方針に合う物件募集があった際は、オーナーズブックを検討してみてはいかがでしょうか?

➏オーナーズブックの評判や口コミを検証

オーナーズブックのネガティブな検索関連ワードの例

次に、オーナーズブックの評判や口コミを検証したいと思います。

同サービスをインターネットで検索すると、上図のように、一部ネガティブな検索関連ワードが表示されました。(2021年9月6日時点)

【ネガティブな検索関連ワードの例】
・オーナーズブック 貸し倒れ
・オーナーズブック 投資できない
・オーナーズブック 案件少ない

まずは、これらの検索ワードの真偽を検証していきます。

オーナーズブック「貸し倒れ」は本当?

江東区商業ビル第1号ファンド第1回

引用元:オーナーズブック

結論から述べると、下記の案件にて、貸付先の代表取締役が、破産手続きを開始したことにより、期限前弁済が行われたことは事実のようです。

案件名:江東区商業ビル第1号ファンド第1回

下記に、期限前弁済までの経緯を示します。

【期限前弁済までの経緯】

2019年03月01日:案件募集開始

 

2019年03月07日:投資実行

 

2019年07月05日:第一報

→貸付先の代表取締役が、破産手続きを開始したことが報じられます。

https://www.ownersbook.jp/press/detail/63

 

2019年07月16日:第二報

→詳細情報が報じられます。

https://www.ownersbook.jp/press/detail/64

 

2020年02月26日:第三報

→期限前弁済完了が報じられます。

https://www.ownersbook.jp/press/detail/82

 

2020年03月12日:匿名組合の償還日

オーナーズブックは、2020年2月26日付で、借入金の全額弁済及び当該期間の利息の支払いを受け、当該案件は償還となっています。

かみ砕いて言うと、当該案件において、トラブルは発生しましたが、債権を回収し、投資家の方に対し、利息及び元本の支払いを行ったということが事実のようです。

さらに詳細を知りたい方は、下記の公式サイトよりご確認願います。

オーナーズブック「投資できない」は本当?

次に、オーナーズブック「投資できない」という検索関連ワードについて、真偽を検証していきたいと思います。

結論から述べると、投資できないという事実はないようです。

実際に、twitterで当選した方や、投資している方の声をみつけることができました。

抽選に当選したという声

抽選に当選したという声

引用元:twitter

申し込みを行ったという声

申し込みを行ったという声

引用元:twitter

申し込みを行ったという声

引用元:twitter

分配金が入金されたという声

分配金が入金されたという声

引用元:twitter

分配金が入金されたという声

引用元:twitter

口コミを鑑みると、抽選倍率が高いことや、先着方式でも目標額をすぐに達成してしまうことから、オーナーズブック「投資できない」という検索関連ワードが表示されているのではないかと考えられます。

募集案件を見落としたくない方は、無料登録を行うことで、案件情報などを入手可能です。

資産運用をご検討中の方は、オーナーズブックを活用してみてはいかがでしょうか?

オーナーズブック「案件少ない」は本当?

次に、オーナーズブック「案件少ない」という検索関連ワードについて、真偽を検証していきたいと思います。

結論から述べると、クラウドクレジットレンデックスなどの他のソーシャルレンディングと比較すると、オーナーズブックの案件数は多くないようです。

下表にて、2021年3月1日から2021年8月31日までの期間で、案件募集が行われた物件数を比較します。

サービス名案件数特徴
オーナーズブック14件親会社は東証マザーズ上場企業
CRE Funding2件物流施設特化
東証一部上場のCREグループが運用
クラウドクレジット112件海外案件特化
伊藤忠商事株式会社などが株主
レンデックス155件東急リバブル株式会社と業務提携

上表より、オーナーズブックは、当該期間において、他サービスと比べると物件数が多くはないことが読み取れます。

結果として、案件の競争率が高くなっていることも予想できますので、募集案件などを見落としたくない方は、無料会員登録を行うと良いかと思います。

➐オーナーズブックのはじめ方

続いて、オーナーズブックの会員登録の手順をご紹介します。

はじめに、仮会員登録の手順をご説明します。

仮会員登録の所要時間は1分程度です。

仮会員登録の手順

手順①:オーナーズブックにアクセスします。

手順①:オーナーズブックにアクセスします。

引用元:オーナーズブック

はじめに、オーナーズブックにアクセスします。

画面右上の「会員登録」をクリックします。

手順②:メールアドレスを入力します。

手順②:メールアドレスを入力します。

引用元:オーナーズブック

メールアドレスを入力します。

「サイト利用規約」及び「個人情報の取り扱いに関する同意書」の内容を確認します。

「登録する」をクリックします。

手順③:仮会員登録完了です。

手順③:仮会員登録完了です。

以上で、仮会員登録完了です。

今後のステップは、「本登録」→「投資家申請」という流れです。

本登録の手順

次に、本登録の手順をご説明します。

本登録の所要時間は3分程度です。

手順①:メールを受信します。

手順①:メールを受信します。

引用元:オーナーズブック

「【重要】会員メールアドレス確認専用URLのお知らせ」を受信します。

文中の「会員メールアドレス確認専用URL」をクリックします。

手順②:ログインパスワードなどを入力します。

手順②:ログインパスワードなどを入力します。

引用元:オーナーズブック

次の必要事項を入力します。
 氏名
 ログインパスワード
 秘密の質問
 秘密の質問の答え
 OwnersBookを何で知りましたか?

以上で、本登録完了です。

投資家申請の手順

次に、投資家申請の手順をご説明します。

投資家申請には、次の証明書などが必要です。

【身分証明書】
 運転免許証
 運転経歴証明書
 マイナンバーカード
 在留カード
※上記4点のうちいずれか1点必要です。

 

【銀行口座】
 通帳
 キャッシュカード
※上記2点のうちいずれか1点必要です。
※インターネット銀行口座を希望される場合
→銀行名、支店名、口座名義人、口座番号が分かる画面のキャプチャー画像が必要です。

本人確認までの所要時間は15分程度かと思います。

それでは、順番にご説明します。

手順①:本人情報などを入力します。

手順①:本人情報などを入力します。

引用元:オーナーズブック

 性別
 生年月日
 郵便番号
 住所
 電話番号
 職業
 支払いパスワード
 余裕金融資産
 金融機関からの借入(住宅ローン除く)等
 投資の目的
 投資型クラウドファンディング(含むソーシャルレンディング)の経験
 OwnersBook取引約款
 重要事項説明書(取引口座開設時)
 リスクの確認及び投資家表明事項
 電磁的方法による書面の交付に関する同意書
などを入力、選択、確認します。

「入力内容の確認へ」をクリックします。

手順②:出金用の口座情報を登録します。

手順②:出金用の口座情報を登録します。

引用元:オーナーズブック

 金融機関
 支店名
 科目
 口座番号
 口座名義(カナ)
 確認書類をアップロード
などを入力、選択、アップロードします。

「内容を確認する」をクリックします。

手順③:(任意)マイナンバーを登録します。

手順③:(任意)マイナンバーを登録します。

引用元:オーナーズブック

任意で、マイナンバーを登録します。

スキップしたい方は、「提出をスキップする」をクリックします。

入力、アップロードした方は、「内容を確認する」をクリックします。

手順④:本人確認方法を選択します。

手順④:本人確認方法を選択します。

引用元:オーナーズブック

オーナーズブックでは、次の2つの本人確認方法があります。
①:スマホでクイック本人確認
②:ハガキ受け取りで、本人確認

ご希望の方法を選択し、本人確認を行います。

本人確認を終えると、投資家申請完了です。

投資家申請などは無料で行えますので、募集案件への申し込みなどをご検討中の方は、下の公式サイトよりご確認願います。

➑オーナーズブックの結論

ここまで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。

最後に、オーナーズブックの概要や案件分析、評判や口コミなどを調べた上で、個人的な結論を述べたいと思います。

ベビゾウ
ベビゾウの個人的な結論を説明するね!
オーナーズブックの結論

個人的な結論としましては、オーナーズブックに投資家登録を行いました。

登録を決めた理由は、下記の3つです。
①:1口1万円から運用できるため、初心者でも取り組みやすいと考えたからです。
②:案件の競争率が高そうだったため、理想的な案件が募集された際、応募できる準備を整えておきたかったからです。
③:複数のプラットフォームに登録することで、リスクを分散したいと考えたからです。

投資家申請は無料で行えますので、案件募集などを見落としたくない方は、オーナーズブックに申請してみてはいかがでしょうか?

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。

コラム