最新【中古マンション 相場推移】首都圏編 リーマンショックからコロナショック後まで

2020年4月3日2020年, 統計調査, 首都圏

リーマンショックからコロナショック【中古マンション 相場推移】首都圏編 2020年のアイキャッチ画像
この記事のオススメ読者

①1都3県において、中古マンション相場の現状を確認したい方

②新型コロナウイルス感染拡大にともなう、中古マンション相場の推移を検討したい方

リーマンショックから現在までの首都圏内の1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)を合算した下記統計を作成しました。

・中古マンション 相場推移表
中古マンション 相場推移グラフ
 
新型コロナウイルスの感染拡大にともなう、中古マンション価格の推移を検討したい方、現状の中古マンション価格を確認したい方など、幅広い方々にご覧いただければと思います。

また、下の記事にて、各県の相場推移や首都圏の㎡単価ランキングも作成しています。ぜひご活用ください。

→東京都
→神奈川県
→埼玉県
→千葉県

中古マンション 相場推移表|首都圏

年/月相場
変動率
㎡単価
(万円/㎡)
成約
物件数
2008/080.0%39.351,837
2008/09-0.7%39.092,506
2008/10-2.0%38.572,273
2008/11-1.8%38.632,140
2008/12-1.4%38.802,011
2009/01-3.9%37.832,056
2009/02-3.9%37.812,784
2009/03-4.4%37.623,280
2009/04-5.5%37.172,571
2009/05-4.5%37.582,649
2009/06-3.5%37.992,829
2009/07-4.5%37.592,572
2009/08-2.3%38.462,175
2009/09-4.1%37.742,680
2009/10-4.0%37.792,804
2009/11-4.9%37.442,616
2009/12-2.3%38.452,167
2010/01-2.0%38.582,287
2010/02-1.9%38.592,873
2010/03-1.7%38.693,089
2010/04-0.8%39.052,637
2010/05-1.8%38.652,522
2010/06-2.1%38.512,396
2010/070.3%39.472,459
2010/080.3%39.452,067
2010/090.7%39.632,607
2010/100.6%39.582,546
2010/112.6%40.362,599
2010/122.3%40.262,265
2011/011.1%39.782,383
2011/021.9%40.082,985
2011/03-0.4%39.182,495
2011/04-1.9%38.612,258
2011/05-1.2%38.882,251
2011/06-2.1%38.542,270
2011/07-2.6%38.322,334
2011/08-0.3%39.251,943
2011/09-1.5%38.772,513
2011/10-2.1%38.532,670
2011/11-3.0%38.182,497
2011/12-1.5%38.762,272
2012/01-1.4%38.782,305
2012/02-1.8%38.662,919
2012/03-1.5%38.763,388
2012/04-2.4%38.412,628
2012/05-4.3%37.642,353
2012/06-4.1%37.742,672
2012/07-3.4%38.022,736
2012/08-3.5%37.981,940
2012/09-4.3%37.672,775
2012/10-3.5%37.982,744
2012/11-3.3%38.072,574
2012/12-2.6%38.342,363
2013/011.0%39.752,517
2013/02-1.7%38.683,316
2013/030.9%39.723,830
2013/040.0%39.363,119
2013/051.9%40.113,076
2013/061.6%39.973,149
2013/07-0.1%39.312,965
2013/081.7%40.012,250
2013/094.1%40.953,123
2013/102.1%40.183,066
2013/114.8%41.233,121
2013/122.9%40.482,900
2014/015.5%41.532,688
2014/025.9%41.683,311
2014/035.9%41.663,994
2014/047.8%42.402,785
2014/055.1%41.342,638
2014/068.1%42.522,812
2014/074.2%41.012,532
2014/0811.0%43.692,118
2014/097.9%42.462,938
2014/1010.6%43.532,655
2014/1112.2%44.152,830
2014/1214.0%44.872,497
2015/0111.1%43.732,440
2015/0214.4%45.003,292
2015/0315.1%45.313,728
2015/0413.2%44.552,808
2015/0515.1%45.283,008
2015/0615.2%45.333,114
2015/0714.9%45.202,808
2015/0813.9%44.822,415
2015/0917.6%46.272,772
2015/1016.4%45.802,877
2015/1116.8%45.982,971
2015/1215.5%45.442,543
2016/0119.0%46.842,655
2016/0219.7%47.123,539
2016/0321.4%47.783,590
2016/0418.2%46.503,294
2016/0519.4%46.973,001
2016/0621.4%47.773,069
2016/0720.3%47.333,190
2016/0821.2%47.692,384
2016/0924.7%49.063,150
2016/1023.5%48.583,339
2016/1126.3%49.682,985
2016/1226.5%49.782,993
2017/0125.4%49.352,861
2017/0225.3%49.293,461
2017/0325.2%49.283,719
2017/0428.1%50.403,163
2017/0525.8%49.492,983
2017/0626.1%49.613,333
2017/0725.7%49.483,304
2017/0828.3%50.502,265
2017/0928.8%50.673,222
2017/1027.5%50.163,103
2017/1127.6%50.202,904
2017/1232.0%51.943,011
2018/0131.1%51.602,641
2018/0230.1%51.193,424
2018/0332.4%52.113,819
2018/0432.2%52.043,237
2018/0529.8%51.072,785
2018/0631.9%51.903,317
2018/0732.5%52.133,139
2018/0832.4%52.102,303
2018/0930.6%51.393,244
2018/1028.5%50.573,096
2018/1129.1%50.823,225
2018/1233.2%52.412,987
2019/0130.8%51.462,667
2019/0235.3%53.253,484
2019/0337.1%53.964,117
2019/0435.4%53.293,440
2019/0531.6%51.802,749
2019/0634.1%52.753,490
2019/0736.0%53.513,233
2019/0836.9%53.882,584
2019/0936.7%53.793,589
2019/1035.8%53.452,771
2019/1139.8%55.013,175
2019/1239.5%54.892,810
2020/0143.0%56.292,680
2020/0239.2%54.763,749
2020/0337.4%54.053,642
2020/0429.3%50.881,629
平均
㎡単価
(万円/㎡)
44.18

※上表の相場変動率は下記基準によります。
2008年8月(リーマンブラザーズ経営破綻の前月)

中古マンション 相場推移グラフ|首都圏

データ考察

中古マンション 相場推移表から、2008年8月から現在までの1都3県全体の中古マンションの平均㎡単価は44.18万円/㎡であることが分かります。

次に、相場変動率をみることで、リーマンショックを基準にした、中古マンション相場の上昇率や下落率をランキングしたいと思います。

【相場上昇率ベスト3】
1位:2020年01月 +43.0%
2位:2019年11月 +39.8%
3位:2019年12月 +39.5%

中古マンション相場は、2020年1月が最も高い水準にあったことが読み取れます。

【相場下落率ベスト3】
1位:2009年04月 -5.5%
2位:2009年11月 -4.9%
3位:2009年05,07月 -4.5%

リーマンショックの7ヶ月後の下落率が最大であることが分かります。

また、成約物件数をみることで、統計的に成約物件数が多い月、少ない月をランキングしたいと思います。

【成約物件数が多い月ベスト3】
1位:2019年03月
2位:2014年03月
3位:2013年03月

【成約物件数が少ない月ベスト3】
1位:2020年04月
2位:2008年08月
3位:2012年08月

成約物件数は、1都3県では3月が多く、8月が少ないことが読み取れます。

この記事のまとめ

・首都圏の中古マンション相場は、2020年1月が最も高い水準にあった。

・首都圏の中古マンション相場の下落率は、リーマンショックの7ヶ月後が最大。

・首都圏の中古マンションの成約数は、3月が多く、8月が少ない。

この記事は、今後の不動産相場を占う上で、リーマンショックから現在までの相場推移を分析することが、何かの役に立つのではないかと考え作成しています。

新型コロナウイルスの感染拡大が、今後、不動産相場にどう影響するか、予測することはとても難しいです。

ただ、売る、売らないは別として、現状の不動産価格を把握することは、今後の相場を占う上でも大切ではないでしょうか?

野村不動産アーバンネットが運営する査定サイト「ノムコム」は、月間利用者数が300万人超と業界トップクラスです。

現在、無料査定キャンペーン中のようですので、お時間ございましたらぜひご活用ください。

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。

【参考データ】
東日本不動産流通機構
「レインズデータライブラリー」

2020年4月3日2020年, 統計調査, 首都圏