最新【中古マンション 相場推移】神奈川県 県央地区編 リーマンショックからコロナショック後まで

2020年4月4日2020年, 神奈川県, 統計調査

リーマンショックからコロナショック【中古マンション 相場推移】神奈川県 県央地区編 2020年のアイキャッチ画像
この記事のオススメ読者

①神奈川県 県央地区(相模原市、座間市、大和市、綾瀬市、厚木市、海老名市、伊勢原市、秦野市)において、中古マンション相場の現状を確認したい方

②新型コロナウイルス感染拡大にともなう、中古マンション相場の推移を検討したい方

リーマンショックから現在までの神奈川県 県央地区(相模原市、座間市、大和市、綾瀬市、厚木市、海老名市、伊勢原市、秦野市)における、下記統計を作成しました。

・中古マンション 相場推移表
・中古マンション 相場推移グラフ

 
新型コロナウイルスの感染拡大にともなう、中古マンション価格の推移を検討したい方、現状の中古マンション価格を確認したい方など、幅広い方々にご覧いただければと思います。

また、下の記事にて、他の地域の相場推移や㎡単価ランキングも作成しています。ぜひご活用ください。

→神奈川県全体
→横浜市(鶴見区、港北区、都筑区、青葉区、神奈川区、緑区、西区、保土ヶ谷区、旭区、中区、南区、磯子区、江南区、戸塚区、泉区、瀬谷区、金沢区、栄区)
→川崎市(川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区)
→湘南地区(鎌倉市、逗子市、三浦郡葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、横須賀市、三浦市)

中古マンション 相場推移表|神奈川県 県央地区

年/月相場
変動率
㎡単価
(万円/㎡)
成約
物件数
2008/080.0%21.3056
2008/0912.9%24.0595
2008/1018.1%25.1584
2008/1117.9%25.1257
2008/125.4%22.4567
2009/017.1%22.8263
2009/020.7%21.4491
2009/03-1.9%20.90110
2009/040.0%21.3075
2009/0512.1%23.8795
2009/065.2%22.41108
2009/074.2%22.1984
2009/0810.4%23.5174
2009/095.3%22.42106
2009/100.6%21.4397
2009/1113.3%24.1398
2009/125.5%22.4787
2010/014.5%22.2687
2010/0218.8%25.31118
2010/0310.0%23.44116
2010/043.4%22.0349
2010/0518.3%25.1945
2010/067.0%22.7943
2010/0711.0%23.6450
2010/083.2%21.9931
2010/099.1%23.2447
2010/104.2%22.2053
2010/1111.6%23.7850
2010/123.8%22.1046
2011/01-5.2%20.2044
2011/02-0.3%21.2366
2011/039.8%23.3954
2011/0418.5%25.2337
2011/05-7.3%19.7550
2011/06-2.9%20.6837
2011/07-5.1%20.2251
2011/088.5%23.1036
2011/092.3%21.7846
2011/101.3%21.5755
2011/11-2.0%20.8743
2011/120.8%21.4845
2012/01-1.6%20.9539
2012/02-7.3%19.7552
2012/031.8%21.6967
2012/04-0.5%21.2057
2012/05-4.1%20.4245
2012/06-6.1%20.0054
2012/0710.2%23.4755
2012/0823.1%26.2235
2012/094.5%22.2546
2012/102.0%21.7341
2012/111.4%21.5951
2012/12-19.7%17.1140
2013/011.4%21.6042
2013/02-4.4%20.3666
2013/03-2.3%20.8157
2013/04-5.0%20.2443
2013/051.9%21.7138
2013/064.1%22.1843
2013/070.0%21.3045
2013/084.2%22.1927
2013/092.1%21.7450
2013/10-14.5%18.2256
2013/113.3%22.0151
2013/121.9%21.7140
2014/01-0.4%21.2233
2014/026.1%22.5951
2014/033.4%22.0255
2014/0418.7%25.2946
2014/0518.3%25.2031
2014/064.4%22.2340
2014/0718.6%25.2744
2014/082.0%21.7335
2014/090.6%21.4247
2014/10-3.0%20.6659
2014/1118.6%25.2632
2014/12-4.8%20.2725
2015/018.0%23.0026
2015/027.2%22.8350
2015/033.9%22.1352
2015/042.0%21.7346
2015/0512.7%24.0060
2015/0615.4%24.5957
2015/0713.8%24.2447
2015/0820.5%25.6644
2015/096.7%22.7343
2015/1010.1%23.4552
2015/1117.0%24.9337
2015/1214.6%24.4056
2016/0120.6%25.6844
2016/0220.8%25.7273
2016/0329.3%27.5458
2016/0418.1%25.1658
2016/055.3%22.4252
2016/065.4%22.4455
2016/0713.2%24.1263
2016/0827.6%27.1839
2016/0917.5%25.0349
2016/1018.9%25.3260
2016/1113.7%24.2153
2016/1220.9%25.7546
2017/0118.5%25.2447
2017/0212.2%23.8965
2017/0323.1%26.2360
2017/0423.1%26.2156
2017/0533.9%28.5342
2017/0633.9%28.5254
2017/0712.9%24.0442
2017/0820.8%25.7230
2017/098.2%23.0554
2017/1023.4%26.2856
2017/1119.2%25.4059
2017/129.4%23.3051
2018/010.1%21.3244
2018/0217.3%24.9868
2018/0310.3%23.5067
2018/0429.3%27.5447
2018/0525.8%26.8048
2018/0619.3%25.4254
2018/0710.8%23.6051
2018/0820.0%25.5643
2018/0924.9%26.6158
2018/1014.4%24.3652
2018/1125.3%26.6859
2018/1227.7%27.1949
2019/0141.1%30.0646
2019/0216.8%24.8763
2019/0315.5%24.6173
2019/0424.3%26.4758
2019/05-8.8%19.4356
2019/0623.1%26.2160
2019/078.8%23.1853
2019/0813.4%24.1544
2019/0931.3%27.9646
2019/1026.9%27.0459
2019/1121.0%25.7746
2019/1218.2%25.1751
2020/0122.7%26.1440
2020/0216.7%24.8562
2020/0326.9%27.0467
2020/0422.5%26.131
平均
㎡単価
(万円/㎡)
23.48

※上表の相場変動率は下記基準によります。
2008年8月(リーマンブラザーズ経営破綻の前月)

中古マンション 相場推移グラフ|県央地区

データ考察

中古マンション 相場推移表から、2008年8月から現在までの県央地区の中古マンションの平均㎡単価は23.48万円/㎡であることが分かります。

次に、相場変動率をみることで、リーマンショックを基準にした、中古マンション相場の上昇率や下落率をランキングしたいと思います。

【相場上昇率ベスト3】
1位:2019年01月 +41.1%
2位:2017年05月 +33.9%
2位:2017年06月 +33.9%

中古マンション相場は、2019年1月が最も高い水準にあったことが読み取れます。

【相場下落率ベスト3】
1位:2012年12月 -19.7%
2位:2013年10月 -14.5%
3位:2019年05月 -8.8%

東日本大震災の1年9ヶ月後の下落率が最大であることが分かります。

また、成約物件数をみることで、統計的に成約物件数が多い月、少ない月をランキングしたいと思います。

【成約物件数が多い月ベスト3】
1位:2010年02月
2位:2010年03月
3位:2009年03月

【成約物件数が少ない月ベスト3】
1位:2014年12月
2位:2015年01月
3位:2013年08月

成約物件数は、県央地区では2,3月が多く、1,8,12月が少ないことが読み取れます。

この記事のまとめ

・県央地区の中古マンション相場は、2019年1月が最も高い水準にあった。

・県央地区の中古マンション相場の下落率は、東日本大震災の1年9ヶ月後の下落率が最大。

・県央地区の中古マンションの成約物件数は、2,3月が多く、1,8,12月が少ない。

この記事は、今後の不動産相場を占う上で、リーマンショックから現在までの相場推移を分析することが、何かの役に立つのではないかと考え作成しています。

新型コロナウイルスの感染拡大が、今後、不動産相場にどう影響するか、予測することはとても難しいです。

ただ、売る、売らないは別として、現状の不動産価格を把握することは、今後の相場を占う上でも大切ではないでしょうか?

野村不動産アーバンネットが運営する査定サイト「ノムコム」は、月間利用者数が300万人超と業界トップクラスです。

現在、無料査定キャンペーン中のようですので、お時間ございましたらぜひご活用ください。

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。

【参考データ】
東日本不動産流通機構
「レインズデータライブラリー」

2020年4月4日2020年, 神奈川県, 統計調査